情報病の予防対策

多くの人が情報病になった社会は「みんなが他人との違いを気にして、自分を好きになれず、他人から生き方を押しつけられる」ようになります。逆に言えば、情報病の予防を進めることで、「みんなが他人との違いを気にせず、自分を好きになって、他人から生き方を押しつけられない社会」になります。自分のためにも、社会のためにも、ぜひまわりの人と一緒に取り組みましょう。

情報病の予防は大きく2つに分けられます:

  1. 不安を受ける機会を少なくする
    • スマホ・ネットを使わない時間を作る
    • SNSは複数アカウントを使い分ける
  2. 不安を感じにくくする
    • マウントされたら情報病をうたがう
    • 情報病から回復した人の話を聞く
次:

目次にもどる